Autonomy

転職について真剣に考える

必見!IOT 居眠り防止ウェアラブルグッズ

IOTの進化

 

”IOT”(Internet of thing)

 物、事のインターネットは2015年前後から日本でよく聞くようになった。

 

しかし、じゃあ具体的に身の回りに何があるのかと言われると

僕はあまり知っていないなと気づいた。

 

5年、10年後にAIがスマートホンのように身近な存在になると思っています。

 

皆さんにもより身近な存在と思ってほしいので、紹介しようと思います。

 

IOT 商品1 hitoe

f:id:Matsu-namaste:20190423214201j:plain

東レ hitoe

 東レ、NTT、NTTドコモ共同開発してできた製品"hitoe"

この商品はウェアラブル商品で身に着けるIOT商品。

測定項目

胸の位置にあるdocomo製hitoe トランスミッタ-が心拍数、心電波形、加速度を取得する。

そこからストレス状態推定、姿勢推定などの分析機能を提供してくれる。

 

運転時に着衣することによって、体の異変を検知し居眠り運転を防いでくれることができる。

 

他にも用途はたくさんある。

・運動中の心拍数チェックによる効率的なトレーニン

・製造、土木、建築作業員の健康状態を把握し、事故防止

・在宅で検診診療、術後の経過観察

 

着心地

 

ウェアラブル商品の懸念点は着心地。

長時間着用しててもかぶれにくく、飾愛も非常に柔らかい素材である。

洗濯も可能。

 

居眠り事故を起こすと

 

居眠り事故を社用車で起こした場合、テレビなどで会社のロゴなども中継される。

会社のイメージダウン、何億という大損害にもつながる。

運転手が不在期間中の人員確保も必要になるなど、いろいろな面で会社が損をする。