Autonomy

転職について真剣に考える

転職を真剣に考えてる人必見-建設施工管理(現場監督)はつらい、辞めたい-

建設施工管理士を辞めたい方に

 

建設の施工管理(現場監督)の仕事内容

建設工事の施工計画の作成

工程管理
品質管理その他の技術上の管理

技術上の指導監督

 

どれも大事な業務であるが、残業の原因となるのが工程管理(納期管理)。

建設の携わる仕事は、とび職、左官、大工など多くの人が関わる。

仕事でつらく、辞めたくなる理由はたくさんある。

建設施工管理(現場監督)を辞めたい理由その1 残業が多い、多すぎる

 

朝から働きだして、翌日の朝まで仕事をすることもある。

契約工期に遅れると、遅れた分の違約金を支払う契約をしている。

天候の影響で仕事ができない日もあるため、夜中も仕事をすることがある。

 

納期に間に合わせるため1日(24時間)働いて、家で半日休んで、また1日(24時間)仕事をする日が続くこともある。

 

プライベートという時間は全くなし。

起きている時間=仕事となる

 

よっぽど仕事が好きではないとつらく、辞めたくなる。

 

建設施工管理(現場管理)辞めたくなる理由その2 現場の関係者と関係の難しさ

とび職、左官工、大工などたくさんの人が工事で仕事を請け負ってもらう。

 

その作業スペースの確保、納期に間に合う様に仕事をしてもらうようにお願いをすることも建設施工管理の仕事である。

 

もちろん、気難しい人も多いため理不尽に怒られることがある。

スペースを使用した後のゴミ掃除などもしない人たちもいる。

 

納期に合わせるためには機嫌を取らないといけないこともあるため、ストレスが溜まり、つらく辞めたくなる。

 

建設施工管理(現場管理)辞めたくなる理由その3 実作業をしてはいけない、、、はずだが、、、

 

建設施工管理(現場管理)は現場の実作業をしてはいけないのだが、資材を運んだりすることがある。

 

資材運びを実作業というのかグレーなところだが、重いものもあるわけでつらく辞めたくなる。

 

辞めたくなる理由その4 給料は残業頼み

残業、夜勤手当頼みで年収はかなり大きくなる。大手ゼネラルならば、1000万円越えも不可能ではない。

しかし、管理職になると残業手当がつかなくなるため、立場と年収が逆転することがある。

 

立場が上で、残業しているのに給料で負けるのはつらく、辞めたくなる。

 

おすすめの転職先

建設関連の仕事をしたいという方は、建築営業、リフォーム営業、リフォーム設計などいろんな種類の建設関連の仕事がある。

 

1級建築施工管理士の資格があれば、建設コンサルタント、建築営業などで優遇される。

設計する仕事をしたいというならば、難しいが1級建築士、インテリアプランナー、インテリア設計士に挑戦すると良い。

 

 

それぞれが抱える仕事に対する不満は違います。

多くの方が転職したい理由は

仕事の内容、労働環境(残業など)、給料面、人間関係のどれかにあたるでしょう。

 

仕事内容

転職する際に知っておいてほしいこと

自分が知っている職業だけに絞らないほうが良い。

 

建設関連で働いている人は建設関連の仕事について詳しいことでしょう。

 

では、それ以外はどうでしょうか?

金融、コンピュータ、事務など世の中にはたくさんの仕事があります。

聞いたことのない仕事もたくさんあります。

 

まず、どんな仕事があるのか

どんな仕事内容なのか

その仕事に転職するには何か資格が必要なのか

を知る必要があります。

 

転職エージェントの方は、転職のプロアドバイザーです。

 

1度相談してみてはどうでしょうか。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

労働環境(残業など)

転職先を探す際にその企業はブラック企業なのかどうかわかりますか?

 

正直、わかりませんよね。。。

そんなの働いてみないとわからないじゃんって思った事でしょう。

 

しかし、ブラック企業かどうかは個人の受け取り方もあるのでわかりませんが、

離職率、仕事定着率という目線で考えてみてはどうでしょうか。

 

いや、それもわかるわけないじゃんって思いますよね。

 

しかし、プロの転職エージェントなら過去に紹介した人たちのデータから離職率、仕事定着率を知ることができるんです。

 

”この会社はいつも転職の紹介先になってるな”

”この会社のこの部署はいつも募集かけてるな”

 

といった、転職の紹介をしてるからこそわかる知識、経験があります。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

給料面

建設施工管理士の仕事は生涯平均年収が450万です。

 

将来、子供ができたり、既におられる人は給料はとても仕事選びに重要になります。

 

そのため、将来も考えて高い給料の仕事に転職すべきだと思います。

 

では、同じ建設業の仕事で高い給料をもらうにはどの建設業の仕事が良いか。

 

意匠設計など1級建築士の資格が必要な仕事です。

 

建築施工管理士は残業も含めてだが、給料が高い。

 

そのため、それを超える建築業の仕事はあまりない。

 

 

いっそのこと、建築業の仕事から製造職、営業職、サービス業に転職してみてはどうでしょうか。

 

転職してみて、合わないなとおもえば、また建築施工管理士の仕事にもどってきたらいいんです。

 

おすすめの転職先は福利厚生なども考えると

 

大手企業

 

とはいえ、大手企業に転職したい人はとても多いです。

 

しかし、辞める人も多いです。

 

大手企業に入るチャンスは誰にでもあります。

難しい建築施工管理士の試験を合格したことは必ず評価されるでしょう。

 

そんな方におすすめなのがプロの転職アドバイザーに相談をすることです。

 

自分の条件(力仕事はNG,理想給料は〇〇)に見合った仕事を探してくれます。

 

自分が知らなかった仕事も紹介してくれますし、仕事内容ももちろんしっかり教えてくれます。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の建設施工管理士の仕事の内容に満足していますか?

辞めたいと思いませんか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間で理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、仕事を辞めて

転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

人間関係が嫌だから辞めたい。

 

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。

後でもっと早く仕事を辞める決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいるので、仕事を辞めて、転職すると迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

仕事を辞めて、挑戦する勇気を持ちましょう。

 

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「仕事を辞める決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると

今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

 

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録