Autonomy

転職について真剣に考える

転職を真剣に考えている方に-建設会社事務職はつらい、辞めたい-

建設業の事務職を辞めたい方に

 

建設業の事務職は他業種の一般事務の仕事と大きく変わることはありません。

 

来客時のお茶出し、請求書作成、備品注文、小口現金管理などです。

 

建設業特有の仕事環境が他業種の一般事務と異なることが仕事がつらく、辞めたくなる原因になります。

 

建設業事務を辞めたくなる理由その1 残業

建設業業界が年間平均休日数が少ない。

現場で働く人は天候次第で休日になったり、道路を通行止めで夜のみ作業をする仕事があったりする。

夜に事務をすることはないが、定時の終わり際に出勤した人に仕事を振られることも少なくない。

建設業事務を辞めたい理由 その2 経理事務は難しい

 

経理事務の仕事を任せられている人もいるでしょう。

建設業経理検定試験」という資格があるように建設業の経理事務は専門用語が多く、少し難解である。

 

数字を取り扱うことが苦手な人には経理事務の仕事はつらく辞めたいという人もいます。

 

建設業事務職を辞めたい人その3 人間関係

 

建設業の事務職は男性が多いわけではないが、会社全体として男性が多い職場である。

 

建設業の方は、人間味があり物事をはっきり言う人が多いです。

人間関係は合う、合わないの問題です。

 

セクハラや、パワハラがあって辞めたいというのであれば、直ちに辞めるべきです。

 

おすすめの転職先

事務関連の仕事をしたいという方は、学校事務、医療事務、一般事務、営業事務などいろんな種類の事務職がある。

 

医療事務も民間資格があるため、とったほうが採用されやすいが、なくても働くことはできる。

事務職は基本的に、特別な資格はなくても働けるが

女性に人気、離職率も低いため、資格を取ったほうが採用されやすい。

 

それぞれが抱える仕事に対する不満は違います。

多くの方が転職したい理由は

仕事の内容、労働環境(残業など)、給料面、人間関係のどれかにあたるでしょう。

 

仕事内容

転職する際に知っておいてほしいこと

自分が知っている職業だけに絞らないほうが良い。

 

事務関連で働いている人は事務関連の仕事について詳しいことでしょう。

 

では、それ以外はどうでしょうか?

金融、コンピュータ、建築など世の中にはたくさんの仕事があります。

聞いたことのない仕事もたくさんあります。

 

デスクワークは事務職以外にも、IT関連、設計職のサポートなど他にもあります。

 

まず、どんな仕事があるのか

どんな仕事内容なのか

その仕事に転職するには何か資格が必要なのか

を知る必要があります。

 

転職エージェントの方は、転職のプロアドバイザーです。

 

1度相談してみてはどうでしょうか。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

労働環境(残業など)

転職先を探す際にその企業はブラック企業なのかどうかわかりますか?

 

正直、わかりませんよね。。。

そんなの働いてみないとわからないじゃんって思った事でしょう。

 

しかし、ブラック企業かどうかは個人の受け取り方もあるのでわかりませんが、

離職率、仕事定着率という目線で考えてみてはどうでしょうか。

 

いや、それもわかるわけないじゃんって思いますよね。

 

しかし、プロの転職エージェントなら過去に紹介した人たちのデータから離職率、仕事定着率を知ることができるんです。

 

”この会社はいつも転職の紹介先になってるな”

”この会社のこの部署はいつも募集かけてるな”

 

といった、転職の紹介をしてるからこそわかる知識、経験があります。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

給料面

事務職の仕事は平均年収が250‐350万です。

 

 

現在、ゼネコンの事務で働かれているのであれば500万を超える人もいることでしょう。

 

将来、子供ができたり、既におられる人は給料はとても仕事選びに重要になります。

 

そのため、将来も考えて高い給料の仕事に転職すべきだと思います。

 

では、同じ事務職で高い給料をもらうにはどの事務職が良いか。

 

法務事務、パラリーガルと転職して、王手企業の法務として働くこと。

または、経理の仕事をおすすめします。

 

法務事務、パラリーガルから法務の仕事に就いて知りたい方は

 下のブログをご参考に。

www.fry-to-dream-freely-matsu.com

 

 

しかし、専門知識が必要な分野なので勉強を1からしなけれならない。

 

その点を考えると、覚悟を決めて法務事務、または経理の勉強をしないといけません。

 

いっそのこと、事務職から製造職、営業職、サービス業に転職してみてはどうでしょうか。

 

転職してみて、合わないなとおもえば、また事務の仕事にもどってきたらいいんです。

 

おすすめの転職先は福利厚生なども考えると

 

大手企業

 

とはいえ、大手企業に転職したい人はとても多いです。

 

しかし、辞める人も多いです。

 

大手企業に入るチャンスは誰にでもあります。

 

そんな方におすすめなのがプロの転職アドバイザーに相談をすることです。

 

自分の条件(力仕事はNG,理想給料は〇〇)に見合った仕事を探してくれます。

 

自分が知らなかった仕事も紹介してくれますし、仕事内容ももちろんしっかり教えてくれます。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の建設業の事務の仕事の内容に満足していますか?

辞めたいと思いませんか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間で理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、仕事を辞めて

転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

人間関係が嫌だから辞めたい。

 

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。

後でもっと早く仕事を辞める決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいるので、仕事を辞めて、転職すると迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

仕事を辞めて、挑戦する勇気を持ちましょう。

 

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「仕事を辞める決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると

今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

 

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録