Autonomy

転職について真剣に考える

転職を真剣に考えてる人必見-経理事務はつらい、辞めたい-

経理事務の仕事がつらく、辞めたい人に

 

経理事務の仕事

 

  • 現金の出納管理
  • 社員の現金立て替え精算
  • 仕入れ、買掛金管
  • 固定資産管理

 

電話対応や来客応対など一般事務の仕事を請け負うこともある。

 

経理事務は会社のお金を管理する大事な仕事であるからこそ、つらく辞めたくなる。

 

経理事務を辞めたくなる理由その1 残業が多い

月初、月末が取引先からの入金、取引先への支払いで経理事務は残業が生まれる。

 

他にも、経理事務の仕事は年末調整、決算整理仕訳、財務諸表作成などで年間を通して残業が多い時期がある。

 

特に経理の仕事がまだ慣れてない最初の数年は何をしたらよいかわからず、辞めたくなる。

 

経理事務を辞めたい理由その2 仕事への向き不向き

 

経理事務の仕事は数字を扱う仕事で数値のずれがあるといろんな数値を修正しなければならない。

経理事務で働きたいと思ってないのに、経理事務に配属されることもある。

 

”仕事なんだから、勉強して経理事務に慣れないと、、、”

と思う気持ちもあるんだけど、働きたい部署が他にあることもあるんです。

 

同期が自分が配属されたい部署で楽しく働いていることを聞くと

どうも経理事務の勉強に集中できない。

なんていうこともあるんです。

 

経理事務は日商簿記、全商簿記、税理士資格、公認会計士資格などの特別な資格があるほど難しい仕事です。

 

経理事務の勉強に真剣に取り組む意欲が沸かない人にとってはつらく、辞めたくなる仕事になる。

 

経理事務を辞めたくなる理由その3 経理事務特有の人間関係

 

経理事務の仕事は専門の知識が必要なため税理士の資格を持っている経験豊かなベテランがいる職場が多い。

 

そのベテランの方に仕事を教えてもらうことになるのだが、それは人間関係なのでうまく行くとは限らない。

 

デスクワークなので、あちこちに席を立って会話するのも違和感がある。

 

そういった経理事務ならではの人間関係がつらく、辞めたい人もいる。

 

おすすめの転職先

事務関連の仕事をしたいという方は、学校事務、医療事務、一般事務、営業事務などいろんな種類の事務職がある。

 

医療事務も民間資格があるため、とったほうが採用されやすいが、なくても働くことはできる。

事務職は基本的に、特別な資格はなくても働けるが

女性に人気、離職率も低いため、資格を取ったほうが採用されやすい。

 

それぞれが抱える仕事に対する不満は違います。

多くの方が転職したい理由は

仕事の内容、労働環境(残業など)、給料面、人間関係のどれかにあたるでしょう。

 

仕事内容

転職する際に知っておいてほしいこと

自分が知っている職業だけに絞らないほうが良い。

 

事務関連で働いている人は事務関連の仕事について詳しいことでしょう。

 

では、それ以外はどうでしょうか?

金融、コンピュータ、建築など世の中にはたくさんの仕事があります。

聞いたことのない仕事もたくさんあります。

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

労働環境(残業など)

転職先を探す際にその企業はブラック企業なのかどうかわかりますか?

 

正直、わかりませんよね。。。

そんなの働いてみないとわからないじゃんって思った事でしょう。

 

しかし、ブラック企業かどうかは個人の受け取り方もあるのでわかりませんが、

離職率、仕事定着率という目線で考えてみてはどうでしょうか。

 

いや、それもわかるわけないじゃんって思いますよね。

 

しかし、プロの転職エージェントなら過去に紹介した人たちのデータから離職率、仕事定着率を知ることができるんです。

 

”この会社はいつも転職の紹介先になってるな”

”この会社のこの部署はいつも募集かけてるな”

 

といった、転職の紹介をしてるからこそわかる知識、経験があります。

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

給料面

経理の仕事は平均年収が450‐500万です。

経理事務は他職種と比べても良いほうだと思う。

 

これは税理士、公認会計士など有資格者が優遇される方が平均年収を上げているからだと思う。

 

 同じ事務職で同じくらいの給料が欲しいというのであれば、法務事務、パラリーガルと転職して、王手企業の法務として働くことをおすすめします。

 

詳細は下のブログをご参考に。

www.fry-to-dream-freely-matsu.com

 

 

しかし、経理事務と同じように専門知識が必要な分野なので勉強を1からしなけれならない。

 

その点を考えると、覚悟を決めて法務事務の勉強をしないといけません。

 

いっそのこと、事務職から製造職、営業職、サービス業に転職してみてはどうでしょうか。

 

転職してみて、合わないなとおもえば、また経理の仕事にもどってきたらいいんです。

 

おすすめの転職先は福利厚生なども考えると

 

大手企業

 

やはり、大手企業に転職したい人はとても多いです。

 

しかし、辞める人も多いです。

 

大手企業に入るチャンスは誰にでもあります。

 

ここで経理事務関係の仕事を続けてきた方についてお聞きしたいのですが

 

事務関連以外の仕事について仕事内容などは詳しいでしょうか?

 

そんな方におすすめなのがプロの転職アドバイザーに相談をすることです。

 

自分の条件(力仕事はNG,理想給料は〇〇)に見合った仕事を探してくれます。

 

自分が知らなかった仕事を紹介してくれますし、仕事内容ももちろんしっかり教えてくれます。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の経理事務の仕事の内容に満足していますか?

辞めたいと思いませんか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間で理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、仕事を辞めて

転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

人間関係が嫌だから辞めたい。

 

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。

後でもっと早く仕事を辞める決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいるので、仕事を辞めて、転職すると迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

仕事を辞めて、挑戦する勇気を持ちましょう。

 

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「仕事を辞める決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると

今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

 

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録