Autonomy

転職について真剣に考える

おすすめ 事務職から良い給料を稼ぐ方法

事務職でお金を多く稼ぐ方法はある

 

事務職の良さと言えば

「デスクワーク」

「土日休業を得やすい」

「残業少な目」

といったところだと思う。

 

概して、事務職の年収は250-400万。平均は300‐350万と高くない。

 

事務と言っても、一般事務、学校事務、医療事務、貿易事務などたくさんの種類の事務がある。

どの仕事もあまり給料に変わりがない。

 

では、どの事務職になれば辞めたくなるような安月給からお別れできるのか

 

その方法を1つ知っています。

 

それは、法律事務、パラリーガルになって、大手企業の法務事務にステップアップする方法である。

 

パラリーガル、法務事務は平均年収350‐400万と他事務職の平均年収よりすこし良いくらい。

大手企業の法務は平均年収500‐800万も可能である。

 

かといって、大手事務の法務になるなんて、法学部の大学卒、大学院卒じゃないと転職できないんじゃないかと思いますよね?

 

確かに、法学部の大学卒、大学院卒の人のほうがかなり有利です。

 

しかし、法務事務で実務を数年経験、できればビジネス実務法務検定1級保有TOEICの良い点数取得していれば不可能ではないんです。

 

1から法律の専門知識を学んで、努力(法務事務経験、ビジネス実務法務検定1級保有TOEICの良い点数取得)をすれば

法学部の大学、大学院を卒業しなくてもなれるんです。

 

多くの人が「法律なんて難しいから無理」。

「もう歳だから今更勉強なんてしたってなれやしない」

 

って思うでしょうね。

やる前から諦めるのは早いですよ。

まず、法務事務(つまり、ゴール地点)はどんな仕事を知る必要がありますよね。

 

法務事務の仕事

会社で求められる仕事の1例

 

契約書の作成、審査、交渉(ライセンス契約、研究開
発契約等技術契約)

提携・連携、案件に対する法的サポート

各種訴訟・紛争案件への対応(含、知的財産関連)

社内の事業部門からの各種法律相談への対応

 

ふつうの人は何を言ってるのかさっぱりわからない。

それが当たり前です。

みんなが分かる内容なら良い給料をもらえる仕事ではないですよ。

 

ゴールがわかったら、第一歩は何をすればいいんだろうか。

 

本屋に行って、法務の本を読んだり、ネットで調べてみたりすることはできます。

 

それは遠回り。

勉強した後に、逃げ道を確保していませんか?

 

給料を本当に良くしたい。

そのためなら、どんな勉強でもするという覚悟を持たないと難しい法律の専門知識を覚えることはできません。

 

おすすめする一歩は「パラリーガル、法律事務に転職活動を始める」

 

転職してしまえば、自らの逃げ道を断つことができます。

「法律事務の仕事について、さっぱりわからないのにそんなの無茶だ」

と思うでしょうね。

 

転職活動しながら、プロの転職エージェントに仕事内容、法務事務になるための最短のキャリアパスを聞いたら良いのではないのでしょうか?

 

本屋に行ったり、ネットで調べるより、人に聞いたほうが手っ取り早いですよ。

 

 

↓転職エージェントdodaに登録

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の一般事務の仕事の内容に満足していますか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録