Autonomy

転職について真剣に考える

転職を真剣に考えてる人必見-医療事務はつらい、辞めたい-

医療事務の仕事のつらさで辞めたいと思っていませんか

医療事務の仕事をしている人と聞いて、一般の人は

”国家資格を持ってる人”

”病院、クリニックの受付をしている人”

”事務なんだから、残業もなくホワイトな環境”

”女性が多い仕事”

と連想する。

 

最も勘違いされやすいのが

医療事務は民間資格であって、資格をもってなくてもなることはできること。

残業もなくホワイトかというと、大きい病院では残業がよくあること。

 

医療事務の仕事をつく前に思い描いていた”事務”職、医療現場とギャップから辞めたくなる人も多い。

医療事務辞めたくなる理由その1 残業もあり、忙しい。

医療事務の資格を持っている人は、資格を優遇されたり、福利厚生の良さを考えて大手医療病院で働く人が多い。

しかし、大手医療病院の受付はとにかく忙しい。

受付前にたくさんの人が待っている。

休み明けや土曜診療の日は何人も待っていて、気が遠くなる。

 

診療時間を過ぎても、待っている人がいるので対応をしなければならない。

午後からすべき仕事も後に回されて、必然と残業が生まれる。

 

毎月10日までにレセプトを審査支払機関に提出しなければならない。

レセプト作成・点検の仕事でさらに、残業時間が増える。

 

他の”事務職”は残業があまりないのに、同じ事務職とは思えない忙しさがつらく、辞めたくなる。

 

辞めたくなる理由その2 給料が安すぎる

たとえ、資格をとっていても年収300万前後。

資格を必要としない職業の他”事務職”と差がほとんどない。

 

専門学校の学費を払って、勉強して資格を取ったのに見合った見返りがない。

 

医療事務職は女性に多い職業だから、一言いうと

結婚して、共働きをする人が多い。

 

”お金よりもやりがいが大事”

”わざわざ資格とったんだから、この仕事をしないともったいない”

 

と考える人も多いと思うが、同じ忙しい仕事をするのならば、給料が多いほうが子育てもしやすい。

 

生活の質も上がるって思いませんか?

 

医療事務辞めたくなる理由その3 働く前に思い描いたやりがいを感じない

 医療事務のやりがいによくあるのが

"患者様にありがとうっと言われた時が最もやりがいを感じる”

”直性的な医療行為ではないが、患者様のために入院などの不安を取り除くことができた”

 

やりがいを感じないっていうのは嘘かもしれないが、

働いててよかった、やりがいがあるから仕事を続けたいとホントに思う人は少ないのではないだろうか。

 

働く前に描いていた理想と現実のギャップはつらく、辞めたくなる。

 

辞めたくなる理由その4 待ち時間によるクレーム対応

例えば

予約していたお客様に1時間以上待たせてしまう時

紹介状なしで初診を受け付けない、受け付けた時は5000円以上の選定療養費がかかることを説明した時

 

お客様からクレームが来ることがある。

選定療養費は国の制度上認められているが、予約していたお客様を1時間以上待たせてしまうのは病院側の責任にある。

 

病院側も急患がきたからといった避けられない理由はあるかもしれないが、

クレームを受けるのは受付の医療事務。

 

この問題に真剣に取り組もうとしない病院に文句を言おうにも言える権限もない。

 

そのつらさに辞めたくなる。

 

その他辞めたくなる理由

 

職場の人と話をしなければならない仕事が多いので、その点で他の職場と比べると人間関係がつらく、辞めたくなる。

→職場を変えると人も変わるため、変える以外に方法なし

ただし、どの仕事、職場に移動しても少なからず人間関係のもつれはあるもの。

自分の都合のいい人だけで職場のメンバーを集めるわけにもいかない。

 

おすすめの転職先

 

医療関連の仕事をしたいという方は、医療クラーク、歯科助手でしょう。

国家資格をとらなくてもなることは可能。

 

医療現場で働いているのだから、医療関係の転職先はご存知の通りだと思います。

 

医療関連の他の仕事は国家資格や専門知識を必要とする仕事が多いので、一から勉強をするというのであれば、時間はかかるが挑戦しても良いでしょう。

 

それぞれが抱える仕事に対する不満は違います。

多くの方が転職したい理由は

仕事の内容、労働環境(残業など)、給料面、人間関係のどれかにあたるでしょう。

 

仕事内容

転職する際に知っておいてほしいこと

自分が知っている職業だけに絞らないほうが良い。

 

医療関連で働いている人は医療関連について詳しいことでしょう。

 

では、それ以外はどうでしょうか?

金融、コンピュータ、建築など世の中にはたくさんの仕事があります。

聞いたことのない仕事もたくさんあります。

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

労働環境(残業など)

転職先を探す際にその企業はブラック企業なのかどうかわかりますか?

 

正直、わかりませんよね。。。

そんなの働いてみないとわからないじゃんって思った事でしょう。

 

しかし、ブラック企業かどうかは個人の受け取り方もあるのでわかりませんが、

離職率、仕事定着率という目線で考えてみてはどうでしょうか。

 

いや、それもわかるわけないじゃんって思いますよね。

 

しかし、プロの転職エージェントなら過去に紹介した人たちのデータから離職率、仕事定着率を知ることができるんです。

 

”この会社はいつも転職の紹介先になってるな”

”この会社のこの部署はいつも募集かけてるな”

 

といった、転職の紹介をしてるからこそわかる知識、経験があります。

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

 

給料面

医療事務は女性が多い仕事なので、女性目線で言わせてもらいます。

 

上でも述べたが、

主婦になりたいと思うことはあまり望まないほうがいいと思います。

 

理想としては、自立していける給料を得ること。

3人に1人が離婚をします。

だれもが離婚をすると思って、結婚した人はいません。それでもするんです。

 

離婚した後に子供を養う給料が欲しいのは言うまでもありません。

将来に備えて、今から転職先を考えるべきではないでしょうか。

 

おすすめの転職先は 福利厚生なども考えると

大手企業でしょう。

 

今では転職する人はとても多いです。

大手企業に入るチャンスは誰にでもあります。

 

ただし、医療関係の仕事を続けてきた方についてお聞きしたいのですが

医療関連以外の仕事について仕事内容などについて詳しいでしょうか?

 

そんな方におすすめなのがプロの転職アドバイザーに相談をすることです。

 

自分の条件(力仕事はNG,理想給料は〇〇)に見合った仕事を探してくれます。

自分が知らなかった仕事を紹介してくれますし、仕事内容ももちろんしっかり教えてくれます。

 

 ↓転職エージェントdodaに登録

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の医療事務の仕事の内容に満足していますか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録