Autonomy

転職について真剣に考える

転職-貿易事務はつらい、辞めたい-

思い通りに行かないことが多い貿易事務

辞めたくなる理由その1 トラブルが起きやすい

海外メーカーと日本国メーカの物に対する品質の意識が異なる。

例えば
海外から物を取り寄せて来る商品の梱包状態(段ボールに穴が開いている)、
個数(多かったり、少なかったり)が異なる、品質不具合品(内部油漏れ、形状不良)
が多い。

戸数が異なると棚卸時に数量に違いが生まれる。
輸送途上の不具合の場合は、対応策(梱包手段変更など)を考えなければならない。

日本国内メーカなら迅速に対応してくれることも、

外資メーカは”代品出すからいいじゃん”っていう考えが多い。

他にも、船積のリストを送ったのに積み忘れたなんていうのもたまにある。
何回も確認、メールでしっかり言われたことを記録として残すことに苦労する。

辞めたくなる理由その2 時差の関係で残業が生まれる

輸入元がヨーロッパなど時差がある国との貿易ではどうしてもメールの返事に時間差が生まれる。
トラブルが起きると、早く対処するために夜中まで対応におわれることが多い。

外資メーカならではかもしれないが、返事も遅い。

こちらが凄く焦っていることが相手に言語的な問題で伝わらないのか
こちらに問題があるのかわからないが、、、

辞めたくなる理由その3 営業から納期のプレッシャーがきつい

余裕をもって、注文してくれれば間に合わせることができるのに
営業マンの都合で勝手に納期を決めて注文してくる人がいる。。

例えば
担当営業マン”何日までにこのサンプルが欲しい。〇日までにこの事務所に届けてくれ。”
と頼まれたとする。
それがとても納期的な問題があってもおかまいなし。
担当営業マン”いつ届きそう?まだ届かへんかな?客先が怒ってるんだけど”
口調もどんどんきつくなっていく。

毎日外資メーカに納期確認をして、精一杯対応しているのに

納期に間に合わなかったら、役立たずかのように対応されることがつらく、辞めたくなる。

辞めたくなる理由その4 輸送途上の不具合対応をしなければならない

辞めたくなる理由その1にも述べたが、不具合の対応もしなければならない。(会社による)
貿易の事務の仕事ではなく”品質の仕事”なのにもかかわらず、、、

商品の不具合内容を特定して、現品、図面を見て対応策を考えなければならないわけよ。。。

事務の仕事以外のこともしなければならないのは、つらく、辞めたくなる。

おすすめの転職先

貿易事務の仕事ができるということで外国語が得意、海外旅行が好きと言った人が多い。

言語を使った仕事がしたいというのであれば、
通関士、海外営業、語学教師、航空関連の仕事(客室乗務員など)、駅員などある。

きっと、言われなくてもどんな仕事があるかなんて既に知っていることでしょう。

ここで大事なのは外国語を使って仕事をしたいかどうかだと思う。

日常で使う英語とビジネス英語は全く異なる。
また、仕事でわざわざ使わなくても外国人と話す手段は何通りもある。
英会話教室も500円/回の場所もあるし、バーに行けば、外人もたくさんいる。

本当にしたい仕事が外国語を必要としないのであれば、使わなくていいと思う。

本当にしたい仕事がわからないというのであれば、
転職エージェントに相談するのをおすすめする。

自分の知らない仕事は世の中にたくさんあるもので、
聞いてやってみたくなることだってある。

 

 

夢を見るから、人生は輝く。

モーツァルト

 

今の貿易事務の仕事の内容に満足していますか?

 

転職=夢を言うのは大げさかもしれませんが、必ずやりたい仕事を見つけられるはず。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。


短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

 

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録