Autonomy

転職について真剣に考える

転職-生と死に向き合う、つらく、辞めたくなる仕事-

悲しい死の現場で働く、つらい、辞めたくなる仕事

医師、消防士(特に救命救助隊、救急隊員)、看護師、介護士は仕事をしていれば、必ず目撃することがあるであろう。

時として警察、民間救命ヘリ、自衛隊が登山者、雪崩、地震などの災難による遭難者の捜索活動で目撃することがある。

 

稀ではあるが、自動車のレッカー車の運転手も悲惨な事故現場にで車を牽引しに向かわなければならない。(事故被害者にかかわりはないが)

 

葬儀屋などもかかわりを持つが、あくまで生前の治療にかかわった人に焦点を当てる。

 

辞めたくなる理由 その1 厳しい現場

 

死と隣り合わせな現場で働く仕事で共通していることは

すごく厳格な職場であること。

 

1秒処置が遅れる、1回の処置ミスで死なせてしまうこともある。

その責任があり、1度のミスも許されないからこそ厳しい。

 

しかし、そのために仕事前の2時間前に来たり、サービス残業を繰り返すことで体調を崩す人も多い。

消防士、警察、自衛隊は怒鳴られたり殴られ、つらい思いをして、辞めたくなる人が多い。

辞めたくなる理由その2 完璧を追い求めても、完璧にたどり着かない現実

どの救命活動も一瞬で治すことはできない。

例えば

消防隊員(救命救助隊と救命隊員)が事故現場へ向かう。

事故で車内に閉じ込められた、患者を救急車に乗せて救命隊員が治療をする。

病院に就いたら、医師と看護師が治療を行う。

 

関わった人はミスは許されないが最速で救助、治療をしなければならない。

一瞬で治すことができない限り、完璧はない。

 

”もし1秒でも早く現場につくことができたら、、、”
など自分の不甲斐なさに自分を責めてしまいます。

自分じゃなかったら、助けられたんじゃないかと
生涯、後悔し続けることを経験する。

完璧を追い求めるが完璧は不可能。

 

自分への不甲斐なさがつらく、仕事を辞めたくなる。

 

辞めたい理由その3 深夜問わず、仕事をしなければならない。

 

いつ、どこで事件、災難などが起きるかわからない。

起きた時に備えて、必ず夜も誰かが働かなければならない。

 

人を助けるために自らの健康を犠牲にしなければならない。

そこがつらく、辞めたくなる理由になる。

辞めたくなる理由その4 心に深い傷を負う

 

医師や看護師、介護士はついさっきまで、仲良く話していた人が翌日にはいなくなるという光景を何度も目の当たりにする。

その人との思い出が多ければ多いほど、別れが悲しくなる。

また、病気などで苦しんでいる光景を何度も目の当たりにするのはすごく心が痛む。

 

20-30代で祖父母、40-50代で親が失うことを経験する可能性が高い。

そういった経験と重なり、死について深く考えされられる。

それで心が塞ぎこんでしまい、つらく、仕事を辞めたくなる理由になる。

おすすめの仕事

営業職、スポーツインストラクター、接客業

人と話をしたり、外で体を動かす仕事がおすすめ。

今まで背負っていた重圧を開放し、人とかかわることで生き生きとした自分を見つけられる。

 

チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。

本田宗一郎。ホンダ創業者)

 

人生は1度きりです。
やりたいことをやって、満足できる人生に挑戦してみましょう。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと
転職できます。
短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。
しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録