Autonomy

転職について真剣に考える

転職-とび職つらい、辞めたい方に-

 とび職がつらい、辞めたいと考えてる方に

 

とび職といってもたくさんの仕事があります。

 

一番”とび職”ときいて、みんなが思い浮かぶのは足場鳶です。

 

工事現場の始まりと終わりを締める重要な仕事。

作業現場の足場を作る仕事。

 

住宅の新規建築、リフォーム、ペンキを塗りなおす際に

足場がないと作業ができません。

 

鉄パイプをつなげて、作業のしやすいように足場を組み立てます。

 

他にも、ビル建設時に鉄骨を組み立てる鉄骨とび

高速泥や橋を架ける橋梁とび。

 

建物内部に重量物の搬入、設置をする重量とびがあります。

 

大工さんのなかには、足場を自らで作る人もおりますが、あくまで足場を専門にした仕事はとび職がやります。

 

既に仕上がった物しかみていない人には、その仕事の重要度が伝わりにくいと思います。

 

とびの方がいないと建物が存在しないといっても過言ではないわけです。

 

しかし、だれもが知っての通りその仕事はとても過酷です。

転職を勧める理由 その1 命の危険

 

知っての通り、建設しようとしている物の高さに合わせて足場を作らなければならない。

 

東京スカイツリーを作る仕事に携わると、

タワークレーンの組み立て、解体時にとび職が必要なので地上400m以上の場所で作業をしなければならないという想像を絶する仕事になる。

 

とび職の方には高さに恐怖が麻痺してしまって、怖さを感じなくなる人もいます。

 

怖さを感じなくなってからの油断が一番危険。

 

朝のラジオ体操をしっかりすること、危険事項を社員で共有すづことが大事です。

 

日々変動する天候と体調に合わせて仕事をしなければなりません。

 

転職を勧める理由その2 ケガがしやすい

 

鉄パイプを渡される際に落としてしまうと打撲や足の骨が折れるかもしれない。

体に擦れて、あざができることもある。

足場を組む際のトンカチでたたく際も打撲や骨折の危険があります。

 

ありとあらゆる場面で死、ケガをする可能性があります。

 

転職を勧める理由その3 収入が不安定

 

日給なので繁忙期と閑散期で収入が変動する。

また、天候次第で休みになる日もある。

 

生涯平均年収も420万(年間ボーナス 30万円含)で

決して高いとは言えない。

 

命を懸ける危険な仕事には見合わない。

 

家族にも収入の不安定は迷惑をかける。

 

 

転職を勧める理由その3 生命保険で制限。

 

保険会社にもよるが、死亡率が高い人と低い人で保険料に違いがあったり、制限、加入すら難しい仕事がある。

 

スタントマンや潜水士は加入すら難しい。

 

とび職は加入はできるが、制限がある保険会社も多い。

 

もしもの時も家族に迷惑をかけないというのが、一家の大黒柱のあるべき姿と思う。

 

転職を勧める理由 その4 暴言・暴力

 

職場にもよるが、すごく体育会系で

思ったことをズバッといったり、思わず手を出す人も多い。

 

人情に厚い人も多い職場でもあるが、その環境になれることができるかどうかは人それぞれです。

 

お勧めの転職先

 

とび職として工事、建設にかかわってきたので、それにかかわる仕事が転職しやすい。働きやすい。

 

建設会社営業、建機リース会社の営業

 

とび職として工事現場で働いてきた経験を話の切り口にして営業をしやすい。

建設機械のリースの会社は、建機機械をあまり所有しない小口の建設会社が多い。

建設現場で顔を合わせる建設会社に営業をかける際はより、話を聞いてもらいやすい。

 

運送会社、ドライバー

 

トラックの免許をもっている人なら、すんなりと仕事ができる。

免許をもっていなくても、研修でとらせてもらえる職場もある。

トラックドライバー不足が深刻である。
パレット積みの商品の場合はフォークリフトで積み上げ、積み下ろしをする。

重い荷物を手で運ぶ必要がなくなるため、肉体的負担は小さい。

 

長距離ドライバーは顧客先の会社までの距離、運びにくさなどで完全出来高の会社もある。

月に40万以上の収入も可能。

 

不動産営業(新規営業)

まだ取引がない個人、法人にテレアポや飛び込み営業をして、

注文を頂けるように営業をする仕事。

 

マンションの足場作りに経験があれば、ちょっとした会話からお客様と仲良くなって、案件獲得できるかも。

精神的、体力的にしんどい面が大きいが成績を残すとしっかり
成果でしっかり稼げる点でおすすめ。

歩合制な会社もあり、基本ベースからの積み上げとなる。

 

 

今現状のあなたのキャリアから転職しやすい仕事、

現状はできないけど、資格を取れば働ける場所をしっかり教えてくれます。

 

 人生は一度きりだから生まれ変わるなら生きてるうちに

長渕剛

 

転職活動をやる前から諦めるのは早いです。

 

とび職は現状人手不足で、今後も人手不足が続くと思います。

 

一度、とび職から離れてみて他の仕事をしてみて合わなかったら

戻ってきてもいいと思います。

 

それでとび職が天職だったのかを離れてみたからこそわかることもありますよ。

 

今の体育会系な関係から文化系?というのか異なる雰囲気の会社を経験するのも人生の経験としていいですよ。

転職をすることはまさに壁にぶつかることと同じです。

 

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと転職できます。

短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。

しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

 

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録