Autonomy

転職について真剣に考える

転職-アニメーターの仕事はつらいから辞めるべし-

アニメーターの酷い仕事環境

たまたまテレビを見て、驚いた。

動画マン 休日ほぼ無、1日11時間労働、平均年収110万前後

家に帰る時間もないため、職場で寝ることもある。

いや、これありえへん世界やん。

大学生がアルバイトで働いても、年収100万ちょいいける。

自分がかかわったことがない世界だったので
それから

アニメーターは完全歩合制が基本
つまり、社会保険雇用保険、厚生年金はなし。

原画マン 4000円/カット
動画マン 200円/1枚満たさない。


修正が入ること、線が多く複雑で一枚にかける作業時間がかかるので
そこまで、大量に書くことができない。


500枚書いても月10万も満たない。

これは、さすがにやばい。

日本のアニメ業界はブラック中のブラック。

月10万で生活できますか?

年金 免除がなければ、1,7万円前後
国民健康保険 免除なければ 1.6万円前後
携帯費用   個人差はあるが0,7万円
食費 5万(昼飯、夜飯も会社にいるからもっとかかるかも)

もう既に9万円はかかる。

一人暮らしはどう考えても不可能。

 

バイトする時間もほぼ無し。(1日11時間労働)

 

これに、水道代、電気代、ガス代、家賃、雑貨費用を足したら
軽くオーバーだ。

家でテレビを見る時間、遊びに行く時間、交際相手と遊びに行く時間も
もちろんない。

結婚式に呼ばれても、お金がないからいけないなんて、いいづらい。

貯金はもちろんない。親からの支援がいる。

20代をこんな生活で過ごすのは自分にはつらすぎて、耐えられない。
将来に不安しかないだろう。

だから、アニメーターの3年以内の辞職率は9割と言われている。

ここは物価の安いアフリカではない。

ただちに転職したほうがいいのではないだろうか。

おすすめの転職先

一番の悩みはやはり、金銭面でしょう。

正直にいって、動画マンや原画マンの月収15万以下の仕事は
むしろ、探すほうが難しい。。。

どんな仕事先に転職しても、月収20万くらいはもらえる。

貯金が十分にできるわけではないが、
食費、電気通信費、雑費などは賄える。

住宅手当がでる職場なら一人暮らしも可能。

専門学校もでて、絵の勉強をしてきたのに
道半ばで諦めたくないでしょう。

だから、絵を描くせめて、線を書いたりするクリエイティブな仕事が
いいだろうと思っておすすめの転職先を考えてみた。、

イラストレーター(平均年収344万円)

絵を描くことが好きで、続けたい。。。。

だけど、このままじゃ生活も苦しいし、将来も不安。。。

という方におすすめ。


仕事内容はゲームなどのキャラクターや本の挿絵、
広告関連のポスターやチラシ、雑誌などたくさんの分野でのイラストを書く仕事。

アニメーターとして働いた経験があるので、もちろん、採用されやすい。

 

ウェブデザイン(平均年収360万円前後))、グラフィックデザイナー(平均年収332万円)

ウェブデザイン:
企業や個人などのクライアントから依頼された
Webサイトのデザインを担当する仕事

大まかなウェブサイトのレイアウトが決まると
Webサイトを構成する言語であるHTML、CSSJavaScriptを使用して
コーディング(プログラムを書くこと)をしなければならない。

難しく見えるが、HTML、CSSJavascriptはプログラム言語の中では
比較的わかりやすい言語。

慣れたらできる!

グラフィックデザイン:
主にポスターや商品パッケージ、看板など、
商品の宣伝や販売に関わるデザインを行う職業

手で絵を書いていた仕事から、IllustratorPhotoshopなどのソフトを使って
デザインをすることに少しの慣れる時間がかかるかもしれない。

美的センスとインスピレーションは既にもっているので適職。

CADオペレーター(平均年収360万円前後)

設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力し、
図面や3Dのデータとして
コンピューター上で利用できる形にする仕事。

難しそうに見えるが、基本的なPC操作ができれば転職可能。

建設、機械、電子部品などを扱う会社で勤務になる。

絵を描く仕事とは異なり、あまり面白みがないと感じるかもしれないが
黙々と一人で仕事をすることになれているため
馴染みやすいと思う。

時間を最も有効に利用した者に、最も立派な仕事ができる。

嘉納治五郎

どんなに激務、薄給であろうとずっと頑張り続ける決心はできていますか。

少しでも迷いがあるのではないでしょうか?

転職活動は、書類作成から始まり、面接や筆記試験をクリアしてやっと
転職できます。
短期間では理想の職場を探すことは難しく、半年から1年かかる人もいる。
しかし、今、この時を逃すとまたいつか、転職したいと思う日が来ます。

そんなつらい日々を繰り返すのはやめましょう。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録