Autonomy

転職について真剣に考える

転職-学校事務つらい、辞めたい-

私立中学校事務を6年勤めて、辞職

Sさんは私立中学校事務で6年勤めて、辞職しました。

つらくて、辞職した理由を聞きました。

 

私がしていた仕事内容は学校施設、備品・教材の管理・発注といった総務的な仕事、

教職員の給与計算、経費精算といった経理に関連する仕事、

保護者から窓口での受付業務など幅広い仕事をしていました。

辞めたい理由 その1 やりがいを感じない。

初めて仕事を始めた時は、仕事内容も幅広く覚えることが
凄く大変でした。
慣れてくると、空いた時間になにをしようか悩んでしまいます。

事務の仕事は慣れると

  • 基本的に、日常の仕事内容はいつもきまっているため
    良くも悪くも、ハプニングが起きにくい。
  • 休みがとりやすいこと。
  • 座っていられること。

が辞めづらい理由でした。

私立中学校事務はそこまで給料も悪くはなかったので、

数年はそのぬるま湯に満足していました。

しかし、将来的に児童の数も減る。
経営状態によってはボーナスが変動する

なにより、結婚して再び仕事をしようとしたときに
ちゃんとしたスキルがあると言える自信がない。

学校の事務の民営化も現状検討されていて、
復帰できるとは限らない。

日々、やりがいも感じませんし
不安が募ってきました。

 

辞めたい理由その2 人間関係が複雑

勤めていた学校事務員は女性が多かったんです。
私は細かいミスをよくしていて、
歳の離れた先輩は事あるごとに文句を言ってきました。

また、仕事内容が異なる教師にまで言いふらされて
とても憤りを感じたことがありました。

その先輩は雑務はすべて私にさせて、デスクに座っているときは

食べログで居酒屋やカフェのデザート、旅行先をネット検索をよくしていました。

歳も結構上だったので、みんなしていることを知っていても
指摘できずに見放されてました。

そんな人に言われるのが、嫌だったっですし

上司の姿は将来の自分の姿になるのかなと思うと
辞めたくなりました。

おすすめの転職先

学校事務はで働かれている人は、転職する力は十分に持っていると思います。

  • 窓口業務で生徒、保護者からの申請や相談に対応できるコミュニケーション能力。
    相手が生徒の場合は、しっかり理解できるように順序立てて説明することもできると思います。
  • PC基本スキル
    学校事務の主要業務の一つであるがうがい向けの書類作成や経理処理はすべて
    PCのエクセルを用います。
    また、webサイトの更新業務も担当していた人は基本的なプログラミング知識も
    備えている人もいるかもしれません。
  • 正確性、スピード
    事務職は入力ミス、計算ミスをすると修正にすごく時間がかかること
    もあります。
    ミスを少なく、正確に早く仕事をできる能力はどの仕事に転職しても必要とされます。
  • スケジュール管理能力
    学校が扱う書類や手続きなど幅広い業務をこなすことができるには
    時間管理能力を備えているからです。

おすすめの転職先

CADオペレータ‐

設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力し、
図面や3Dのデータとしてコンピューター上で利用できる形にする仕事。

難しそうに見えるが、基本的なPC操作ができれば転職可能。
建設、機械、電子部品などを扱う会社で勤務になる。

DTPオペレーター

DTPとはDesktop publishing(デスクトップパブリッシング)の略称で、
日本語では卓上出版を意味する。

グラフィックデザイナーがデザインした原案を、
指示に従いながら実際の印刷物として出力できるように
パソコン上でデータを作成するのが仕事

DTP特有のソフトを使い、DTP特有のルールに沿ってレイアウトを作成する仕事

経験をつめば、DTPデザイナーやグラフィックデザイナーに転職もしやすくなる。

学校向け教材のルート営業

ルート営業なので、取引のある学校に訪問し飛び込み営業などはない。
学校内部について詳しいので、取引先の学校教員とも話がしやすい。
学校が休みである、週末、祝日は休みになるので繁忙期はあるが
休みもしっかりとれる仕事。

他の種類の事務

事務にもいろいろな事務があります。
医療事務、介護事務、貿易事務、営業事務などなど。

学校事務をこなすことができたので、他の事務に挑戦することも転職先の候補として
ありだと思います。

リスクを負わないのがリスク

ビルゲイツマイクロソフト創業者・会長)

マイクロソフト社の共同創業者兼元会長兼顧問であり、
世界長者番付で1994年から2006年まで13年連続の世界一になった人。)

 

転職をすることは人生の転機に値するので、リスクもあります。

頑張ったからと言って、理想の転職先にいけるとも限りません。

挑戦しないと、理想に近づけれないのも事実です。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。

  • 転職活動がめんどくさい。
  • 自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
  • 家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
  • 転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録