Autonomy

転職について真剣に考える

転職-セラピストつらい、辞めたい-

セラピストを新卒5年で辞職

Sさんは小規模のサロンでアロマセラピストとして、新卒から5年勤めて退職しました。
つらくて辞めた理由を聞きました。

 

辞職理由 その1 職業病 腱鞘炎

セラピストは手術や薬を使わずに体や心の不調を治す仕事で
私は、手でもみほぐしとアロマオイルマッサージをしてました。

仕事終わりに来るお客さんもいるんで、午後から夜中22時まで仕事してました。
うちの店は、午前中にお客さんがあまり来なかったので、
その時間に合わせて生活をすることも大変でした。


忙しい日は休憩する時間もなくて、8時間連続で働くことがあり
手が痛くなりました。

店長に痛いため休ませてほしいと告げると、

”職業病だから、慣れたら大丈夫”

と言われた。

それから、2カ月くらい我慢をしていたんですが、どんどん悪化していったんです。
耐えられなくなり、病院にいったら

"重度の腱鞘炎である"

と診断を受けました。

それからは、手入れをしてもちょっとしたことで痛みがきます。
辞めて1年しますが、慢性化していて、もう治らないんじゃないかと心配です。

また、マッサージを毎日していたので指圧で親指の腱鞘炎を起こしている部位が
厚みがでてしまいました。

女性の手とは思えない形になりました。

重度になる前に、手を休ませてもらえるようにお願いすべきでした。
たぶん、休ませてくれませんでしたが、、、、

辞職理由 その2 目標という名のノルマ

目標値がそれぞれにあてられていました。
進捗がよくないと、店長によく叱られます。

”家族・友達に来てもらうようにして”

と言われたりもしました。
だいたいノルマを達成するために友達にお願いすると嫌な顔されるんですよね。
それがわかっていながら、お願いするのがつらくて

それで連絡が途切れたりすると、途方もなく悲しくなりました。

平均年収も200‐400万で特にいいわけでもない。

こんなに苦しまないと、お金って稼げないのかなって
何度も悩みました。

だから、よく来てくれる指名客はとても大切です。

みんなが必至でノルマを達成を目指すので

指名客の奪い合いもありました。

女性社会ではよくあると思いますよ。

辞職理由 その3 労働時間外のサービス残業

これもノルマにかかわるんですが、ノルマの達成のためには
規定の労働時間外にお客さんが予約して頂いたときも残業したり、
早く出社しなければなりませんでした。

指名客が他に奪われると困りますし、達成しないとダメなので
お客さんの要望時間に合わせなければなりませんでした。

もちろん、規定時間外にお店を開けてもらう様に
店長にお願いしなければなりません。

個人の要望なため、残業代などは出ませんでした。
ただ、ノルマに一歩前進です。

まとめ

セラピストは雑誌に載っているような憧れていた仕事
と現実はギャップがありました。

体と心の不調を治す仕事なので、健康のケアは重要になりますし、
お客様の悩みなどの相談を受けたりもしなければなりません。

しかし、夜遅くまで仕事をしたり、ノルマがあってストレスを抱えるため
非常に難しい仕事でしたね。

今後のセラピストの将来性

セラピストは今後もAIが発達しても、なくなることはないと思われます。
お客様と仲良くなり、お話としながら仕事をしたり、感謝を告げられた際は
やりがいを感じるときです。

しかし、職業病として上にも述べた腱鞘炎、他にも腰痛を抱えてこの先
働き続けることは可能でしょうか。
低所得で重労働を耐え続けれますか。

独立したら、大きな収入を得るチャンスがあるかもしれません。

同じように、社員にノルマを課すことができますか。

なしでも、何とかして見せるという方は人一倍努力が必要です。

独立までは考えていないという方は一度、転職を考えてみてはどうですか。

セラピストのアピールポイント

・接客業 経験
・1:1で話をして、相手の話を聞く能力にたける
・マッサージ、健康への知識がある。

おすすめの転職先

セラピストとして相手と1:1で話をして、相手の話を聞く、
悩みを聞くことができることはいろいろな仕事で大事とされる力です。

最大限にスキルを活用できる仕事を紹介します。

トレーナー:

健康、体のメンテナンスの知識、1:1で相手と話をしてダイエットなどの
モチベーションあげることが可能。

キャリアコンサルタント:

求職者がどういった悩みをもって前の仕事を辞めたのかを聞いて、
最適な仕事を紹介する。

1:1の会話、ヘアリング能力をもったセラピストには適職。

メンタルトレーナー、臨床心理士:

悩みやストレスのケアをして、問題解決に向け
「精神力(メンタル面)」からサポートをする仕事
必要な資格もない。
セラピストとして働いていたように、相手の悩みを聞くことが必要とされる。

現状維持では 後退するばかりである。

ウォルト・ディズニー(アニメーター、映画監督、脚本家、実業家、エンターテイナー)

 

今の仕事を続けても、この先後悔はないと断言できますか?

転職に向けて、一歩踏み出してみませんか?

 

会社で少なくとも毎週40時間も働きます。年間で2000時間近く働いています。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。
・転職活動がめんどくさい。
・自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
・家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
・転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録