Autonomy

転職について真剣に考える

転職-生産管理つらい、辞めたい-

生産管理を6年勤めて、退職

 

Bさんは建機メーカーの生産管理の部署で6年働いて、退職しました。

なぜ、退職したのかの理由を聞きました。

辞職理由 その1 人間関係

生産管理は、工場の司令塔として受注から生産までの一連のプロセスを滞りなく、
効率的に行うために納期管理などを行う仕事です。
具体的にいうと、私は受注したオーダーを
自工場に展開するための生産計画の作ったり、部品や製品の納期管理、
在庫管理、生産調整等をしていました。

生産管理は生産納期の責任者のような立場で
自分の担当するラインに関わる部署(製造現場、購買、開発、品質など)、
国内外の自社工場の人や客先、外注先の人と
かかわりがあるんです。

1度大変な思いをしたことがあります。

見込んでいた量から急遽、受注量が増えました。
会社としてはうれしいことですが、それから生産計画を練ります。

常に、適正在庫を維持しているので増産が決まると
在庫が不足します。
そのため、購買部に追加で最短納期で発注するようにお願いをしたり、
現場の工場長など関わる人にお願いをしに回らないといけませんでした。

現場はただでさへ、忙しい中でお願いしなければならなかったので
とても心苦しい思いがしました。

すんなり受け入れてくれると有難いのですが、
普段、あまり直接会話をしたことがない人に

”今の状況を見て、対応できると思うの?”

”もっと現実的な生産計画を作り直して”

と突き返されたこともありました。

製造の現場では特に人の入れ替わりも激しいですし、
そもそもかかわる人が多いため、
良い人間関係の構築は非常に大変なんです。

 

他部署と比べて全体の繋がりが見えやすく、
魅力的なところもあるんですが、
とてもストレスがかかる仕事だと思います。

辞職理由 その2 やりがい

6年も生産管理をしていると、仕事の流れなど大体のことは
こなせるようになったのかなと思っています。

生産管理の仕事は自社海外工場の在庫管理を改善するなどの目的で
海外勤務も可能です。

しかし、優秀な人を除いて、大手企業では先輩が先に海外駐在を
するチャンスをつかみます。
自分はあと何年働いたら、海外で駐在できるのかと将来に不安を感じます。

また、生産工程について概略は勉強しましたが、商品知識など深い知識まで
勉強するチャンスがありません。

このまま、生産管理をし続けてて、
将来の自分は成長できているのかな思いました。

今後の生産管理の将来性

AIによるロボット生産が進んでいる。

大手ブリヂストンは既にAIを導入して、生産性の向上、
人件費の抑制、高品質製品の製造に成功している。

今もたくさんの研究者がAIの導入を進めている。
知っていないだけで、刻一刻と世の中はAI化しています。

 

Aiロボットが製造をする世の中になれば、生産管理する人もあまり必要にならなくなります。

ロボットが生産できる速度は決まってるので、細かい調整も不要になります。

 

今後10年から20年の間で、アメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化されるだろう」と予測されています。

 

10年20年後はもう退職してますか?

多くの人は、まだ現役で働いていると思います。

 

10年後、20年後にまだ、子供への学費が必要になる人もいるでしょう。

今すぐに将来性のある仕事に転職すれば、みんなより1歩先に行ける。

生産管理のアピールポイント

社内外と一緒に仕事ができる。→協調性、コミュニケーション能力
予期せぬトラブル対応→臨機応変

おすすめの転職先

1、アシスタントから始める研究職

求人はあまりないかもしれないが、探せばある高卒以上ならだれでもできる研究職。

研究職は一人で研究しているように思われがちだが、チームで活動する。
実験する人や、データをまとめてくれる人などとコミュニケーションも必要。
また、今まで経験のない一つの分野を深い勉強するチャンス。

転職サイトに合った仕事の概要例

医療系研究者

最初はデータ採取、資料作成など優しい業務から始める。
年間売り上げ 2500憶以上、学歴は高卒以上(歓迎される経験 理系出身)
年間休日125日、寮、社宅制度など福利厚生もしっかりしている。

2.人材コーディネータ

人材サービス会社でクライアント企業と求職者をつなげる仕事
コミュニケーション力もあり、社内のいろいろな部署の仕事の様子を見てきたからこそ
求職者にお勧めの仕事を提案できる。

3.ウエディングプランナー

見学に訪れたカップルに最適な結婚プランを提案する営業。

全生産工程の管理していたからこそ
結婚式のプラン作成から始まり、結婚式当日に
式が円滑に進むように管理することができる。

『何かをしたい者は手段を見つけ、何もしたくない者は言い訳を見つける』

アラビアのことわざ

言い訳をして、今の職場から離れることを躊躇していませんか?

 

会社で少なくとも毎週40時間も働きます。年間で2000時間近く働いています。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。
・転職活動がめんどくさい。
・自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
・家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
・転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com