Autonomy

転職について真剣に考える

転職-人事部つらい、辞めたい-

人事部を8年勤めて、退職

Dさんは大手メーカーの人事部で8年勤めて、退職しました。
退職理由を聞きました。

辞職理由 その1 嫌われる部署

人事部は他部署から一番嫌われる部署だと思いますよ。

採用活動をしますが、社員の退職手続き、人事異動、
社内外で研修、社内の行事を仕切ったり、その資料づくりなど
目立たないですが、いろいろな仕事をしてるんです。

主に人事部が嫌われる理由は大きく2つあって、
・営業利益に直結した成績がないため、だれでもできる仕事と思われること。
・採用した社員が仕事態度に問題があったり、適正な人員配置ではないと思われた時、
批判の対象になること。

1度間接的に聞いた悪口で、日々会社の利益のために出張などしてるのに

”人事部は部屋で涼んでいる”

と言われてるのを聞いたことがありました。

面接をしたときは、良い印象だったのに仕事をして数カ月たつとガラッと変わっていた
なんて、珍しくないです。
採用するのって、すごく大変なんですよ。

第一に、他部署の人事部を経験してない人からすると、
何をやってるのかもわからない部署、採用活動だけしてる人件費の金食い虫に
見られますので、すごく気分が悪いですよ。

 

他にも、そんな嫌われてるイメージがあるので、ミスがあると
陰で罵られます。

社内行事で社員旅行があったんですが、全ての準備(宿の手配や1日のスケジュール、
夜の宴会など)は人事部がしなければならないんです。

万全の準備をしたつもりだったんですが、余裕をもった時間のスケジュールを
しすぎたため社員が時間を持て余す時間が長くなりました。

”やっぱ、人事部が手配したからこの程度やな”

と、言われたのを聞こえてしまいました。

これ以上、嫌がられる部署で働きたくないですよ。

辞職理由 その2 部内の人間関係

人事部は人数を少なく回せるんです。
しかも、人事部の担当者は長期間異動をせず、10-20年同じ仕事をし続ける人も少なくありませし
人事部は採用にかかわりますんで、社長や本部長の方と普段から会話することも
よくあります。
だから、平均年齢も高く、話題を合わせなければならないこと、
昼飯も一緒に行く際は、断ることもできないし、気を使わなければならない。

落ち着ける時間があまりなかった気がします。

普段は、雑用として扱われることも多く、

なぜ自分がしなければならないんだ。

と不満を抱くことも、多々ありました。

辞職理由 その3 数字として目に見える成績がない。

会社の業績が良くも悪くも、直接的な成績がないんです。
そのため、上司からの評価。

上司の機嫌をとることが唯一の出世の方法なんです。

周りからはYesマンだ

と揶揄されますが、
上司の機嫌をとって、働かざるを得ないんですよ。

こんな状況を続けるのが嫌になったので、退職を決断しました。

 

今後の人事の将来性

人事の仕事はAIが発達しても組織がある以上は
なくなることはないと思います。

しかし、転職先に人事部の仕事はあまりありません。

そもそも、働く人が少数で成り立つ。
長年働く人が多いため入れ替わりが少ない。
他部署から転属される人が多い。
(社内事情を詳しい人が多いほうが働きやすいため)

今の職場に満足しているなら、転職しなくて良いと思います。

歳をとるにつれて、転職しにくくなります。

したい気持ちがあるなら、一刻も早く挑戦したほうが良いでしょう。

人事部のアピールポイント

社会保険、労働保険、税金の知識など有する
コミュニケーション能力
信頼できる(個人情報など会社の守秘義務コンプライアンスを取り扱っていたため)

おすすめの転職先

銀行員:

営業経験など必要とされる会社もあるが、大学卒のみで転職できる会社もあり。
守秘義務,コンプライアンスなどを守らなければならないお堅い仕事。

海外支店勤務も可能。

店舗で保険コンサルタント:

会社で社会保険などを取り扱っていた経験。
飛び込み営業もなし。インセンティブあり。

社長秘書:

数字として見える成績はないが、採用などの業務がなくなり、
嫌われることが無くなる。気を遣うストレスはあるが、職場環境に変化があまりない安心感。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは違います。

-イチロー-

今、自分が転職したいという気持ちがあるなら、挑戦してみませんか?
やる前から、決めつけることはまだ、早いです。

 

会社で少なくとも毎週40時間も働きます。年間で2000時間近く働いています。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。

有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。

今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。
・転職活動がめんどくさい。
・自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
・家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
・転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後本当に転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

 

 

www.youtube.com

 ↓dodaに登録