Autonomy

転職について真剣に考える

転職‐機械設計はつらい、辞めたい-

自動車関係の機械設計から転職

Tさんはおよそ8年自動車関係の機械設計

今は、全ての部品を作り出している工作機械のメーカーで設計やってました。

 

自動車関係の機械設計をしていて、辞めた理由を聞きました。

辞職理由 その1 人間関係

人間関係が凄くきつかったんですよ。

最初の6年はまだ、メンバーに恵まれたチームにいました。
7年目から違うチームに移動することになって、それからがつらくて辞めたい思いが増しました。
年齢はほぼ同じなんですが、相手が自分に対して敬う気持ちがないというんですかね。
部長など凄く年配な人を除いて、だれに対しても上から物をいう人がいたんです。
とにかく、仕切りたがり、作業が細かすぎ。

自分の担当する仕事にも口をだしてきて、もうつらくてつらくて耐えられなかったですよ。

どうしてもその人とはうまく行かず、何度も口論をしましたよ。
朝にすれ違っても、眼も合わさない。もちろん、あいさつもしませんでした。


その人は部長など管理職からの評価はそこまで悪くないため、不満を言っても無駄。

チームで仕事をするのに、お互いに話をしないため誰かを通して、伝言ゲームみたいなこともしてましたね。

とてもじゃないが、仕事が円滑に進んでいなかったんです。

辞職理由 その2 残業

帰宅時刻は9時~10時、休日出勤もたまにありましたね。

とても体力的に過酷でしたよ。

納期に近づくにつれて夜中まで図面書いたり、重要なメールの返信をしたり。

8年目を迎えて、繁忙期を迎えていつも夜中まで働いてた時にだるさ、めまいが毎日のように続いたんです。

かといって、1日でも休むと納期に間に合わなくなる。

無理を続けていて、どんどん悪化していったんです。

それで、もうこれ以上我慢できないと思って、病院に行ってみました。

診断結果は自律神経失調症

ストレスと深夜まで残業していたことで不規則な生活をしていたからだと言われました。

さすがに、これ以上はこの仕事を続けると体に良くないっと思いましたよ。

健康はお金では買えない

っていいますからね。

僕だけじゃなく、人間関係や仕事に適性がある人はいいんですが、能力的な面や適正に問題がある人は
半分くらいはノイローゼ気味になってましたね。

物作りが好きで、上手く人間関係を作れる人には最高な職業ですが、
逆だと神経症になったり、病む人も多い仕事です。
うまくいかない人で上司からの叱責を常日頃受けている人もいましたね。
前の職場の2割位は心療内科のケアを受けた経験持ってましたよ。
設計が早く図面を書いたりしないと、他の人に迷惑をかけるのでストレス半端ないです。

 

 

今後の機械設計の将来性

IOT(internet of thigs )の分野が大きく発展するとともに、需要が大きくなるが

AI(人工知能)の発達に伴って、10年後20年後には設計する仕事がなくなる。

今後10年から20年の間で、アメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化されるだろう」と予測されています。

 

10年20年後はもう退職してますか?


多くの人は、まだ現役で働いていると思います。

 

10年後、20年後にまだ、子供への学費が必要になる人もいるでしょう。

今すぐに将来性のある仕事に転職すれば、みんなより1歩先に行ける。

 

 

 

機械設計者のアピールポイント


構造力学、材料力学、熱力学、流体力学 4大力学の知識
製図の方法、組立や生産方法なども知っている

PC操作ができる
CADソフトを使って設計をし、CAEというツールソフトで解析シミュレーションの経験有。

お勧め転職先

機械メーカーの企画、開発

回路設計(機械設計以外の設計の仕事を続けたい人)

論理的な思考、CAD、4力学の知識をもつ機械設計エンジニアならではのできる転職。

電子回路に関するスペシャリストにならなければならないため再度勉強は必要となる。

商社(機械系)

ひと昔前は、仕入れた商品をそのまま、客先に流すだけの役割をになっていたが、商品知識をもった営業マンが必要とされてきている。

材料に詳しく、生産方法もあらかた想像できる。

図面も読めるため、非常に重宝される。

熱力学の知識をつかってボイラー技士の資格

ボイラー技士の資格は3段階に分かれている上に2級は受験資格が指定されていないため入り口が広く

なおかつステップアップも目指せます。

ちなみに、2級は毎月受験が開催されているため、スケジュールの都合に合わせやすい。

 

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -


何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。

 

今のあなたの人生を楽しんでいますか?

会社で少なくとも毎週40時間も働きます。年間で2000時間近く働いています。

 

苦しい、なにかやりがいを感じない。将来に不安がある。

なにか当てはまることがあるのなら、

1度転職エージェントに相談してみましょう。


有効求人倍率は平均1.65、(2019年)
100人の求人に対して、165の仕事があります。


今の転職のチャンスをつかめば、残業はほとんどなくなり、年間休日が増えて、年収も上げることができるかもしれない。

 

人生は短いものです。後で転職を決断しておけばよかったなと思います。
・転職活動がめんどくさい。
・自分の年齢、能力で転職成功できるのか不安
・家族もいて、転職して迷惑をかけないだろうか不安
・転職先で、人間関係がうまくいくのだろうか。

みんな、転職を考えている人は同じことを考えてます。

 

挑戦する勇気を持ちましょう。

1人でたくさんある求人を見て、理想の1社を見つけるのは容易ではありません。

あのCMで有名なdodaに任せてみませんか。

 

プロのアドバイザーが転職の流れを1から教えてくれて、全面的にサポートしてくれる。
今、どんな転職先が募集をかけているのかなど、自分一人では見つけられない穴場の職場も教えてくれる。

 

「転職の決心がまだついていない」という方も、一度面接を受けてみると今後転職しようと思うのか決断できると思います。

まず、初めの一歩として転職エージェントに登録をすましておくことをお勧めします。

www.youtube.com