Autonomy

転職について真剣に考える

転職-居酒屋の仕事-

居酒屋の仕事

f:id:Matsu-namaste:20190331214615j:plain

居酒屋にアルバイト・正社員として転職など仕事してみたい方に

僕が大学に通っていた時に、居酒屋で2年アルバイトをしていた。

2年経験をして感じた居酒屋の仕事の大変さ、楽しさをお伝えします。

正社員として働きませんでしたが、大体の仕事内容は見て、理解しているつもりです。

正社員はどんな環境なのかをお伝えします。(あくまで、僕の経験)

仕事の大変さ 

 僕が働いていたバイト先は関西の個人で年商1億くらい稼いでいる居酒屋でした。

営業時間は17:00-3:00。(日曜のみ23時閉店)

正社員は店長を含め、5名前後。アルバイトは10名前後。

予約のコース値段は4000-10000円。

普通の居酒屋よりも少し値段の高い居酒屋。

 

正社員の仕事環境 

正社員は調理場で働くものが多く、仕込みの準備があるため、忙しい年末を除いて15時前後から仕事を始め、朝3時まで毎日仕事をしていた。

 

正社員は1日12時間労働(日曜は8時間)。平日に週1日のみ休日がとれる勤務労働環境。

まさにブラックだ。

 

忘年会の12月―新年会の1月、送別会のある3月は繁忙期になる。

週一の休みもなかったり、お客様の要望次第では営業時間外に特別に営業をしていた。

 

ボーナスはというと、寸志として年明けに10万前後を正社員には特別に与えられるのみ。

有給休暇はもちろん0であった。

アルバイトの仕事環境

アルバイトはお客様が来店する18時前後から仕事を始め、お客様が帰られる22:00-23時まで仕事。

少なくとも4時間は仕事ができる。人によっては、朝の3時まで仕事をする日も少なくはなかった。

 

時給は900円で近隣の居酒屋の時給とあまり変わりはない。

ただ交通費は支給されなかった。

 

居酒屋の人間関係

その居酒屋での人間関係は、それまでの自分が経験したことのないとても印象的なものであった。

居酒屋で働く人はとにかく、元気があって明るい。関西であったこともあり、ノリが良くて体育会系な雰囲気。

良かったところ

 1言で言うと人間味が滲みあふれている。

お客様に迷惑をかけることに対しては容赦なく怒る。

逆に、とても忙しかった日は従業員全員が出前で好きなものを食べて良いことも。

お年玉企画があって、年始めの1日、2日に出勤したものは最高2万円、最低1千円のお年玉の入った封筒を選んでもらえた。

仕事終わりに飲みに行ったときは、男性は女性にお金を払わせない。

”男は女にお金を払わせたら、あかん”ある正社員の男気ある言葉。

 

2年間、迷惑ばかりかけたがその人間関係に僕はとても好きだった。

悪かったところ

ふざけが程度を超えている。

一番思い出に残っているのが、”ボクシングしよう”

と急に言われて、殴られることもあった。

 

求人の状況

飲食業界の有効求人倍率は4倍を超えている。

どの業種も人材不足な世の中ではあるが、飲食業界は特に人手不足が深刻な職種である。

アルバイトが正社員よりも求人が多い。

 

一度、興味のある人はアルバイトも含めて、働いてみては?