てけとー 日記

思いついたことを気が向くままに書く

三田国際マスターズマラソン 坂道が続く、、、初のハーフマラソン

坂を上って、下って、上って、下って、、、、、、、また上る。。。

 

 

2018年は12/16に兵庫県三田市三田国際マスターズマラソンが開催された。

 

三田市に行ったことのない人のために

f:id:Matsu-namaste:20181222105359p:plain

三田駅近く風景


山がたくさんあり、自然豊かで美しい街です。ちょっと大阪市や神戸市、都会から少し離れてますが電車で1時間もあれば行くことができます。

 

 三田国際マスターズマラソンのコースは下の図のようになっている。

 

f:id:Matsu-namaste:20181217221023p:plain

 

 今回が自身初のハーフマラソン挑戦であったのだが

三田駅近くの写真でも分かるように、山がたくさんある。

三田国際マラソンのコースももちろん、上り下りが盛ん。

f:id:Matsu-namaste:20181222101222p:plain

三田国際マラソン 高低差図

最高位が220m、スタート地点が140m前後。

この高さと12月のシーズンとなると、もちろん寒い

当日は晴れであったが、マラソンの10時―12時くらいまでは3℃前後であった。

霜も会場についた8時前後には見かけられた。

 

ラソンは冬のスポーツと言われているので3℃というのは、寒すぎず走りやすい環境であった。

 

 

個人的に走り終えて、5㎞超えた地点、7キロ前後からの上りを過ぎた地点で体力が切れてきた。

 

参加者が5000人くらいいる。

僕は後方からスタートしたこともあり、人を抜いても抜いても、前方に人がいる。

 今、自分は何位なのかさっぱりわからない。

抜いているときは調子がいいが、疲れてきて抜かれだすと一気にやる気を失う。

やる気を失うと、もっとタイムが遅くなる悪循環に落ちいった。

 

豚汁サービス+餅・味噌・茶・30回記念タオル・完走後にポカリスエット ハーフマラソン参加賞としてGet

参加料 4000円(日本マスターズ陸連登録者3500円)を支払うだけでこんなにもサービスがある。

他の大会と比べると非常に恵まれている。

これはボランティアの方々の助けがあって、受けることができる恩恵。

大変感謝の気持ちでいっぱいです。参加できてよかったです。

 

自身にとって、とても厳しいコースでしたが、来年も挑戦したいです。

皆さんも、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

大変ですが、走り終わった後にきっと経験してよかったと思える大会だと思います。