Matsu 日記

料理、スポーツ、健康について

弛んだお尻の脂肪をなくしたい

尻の脂肪がかっこわるいなと思い、筋トレを始めた。

それから、あっという間に3か月経った。

f:id:Matsu-namaste:20180904201801j:plain

中殿筋の部位に椅子に座ったときに、下の大殿筋に付く脂肪も盛り上がって膨らむ。

なんとなく、どこを示すかわかってくれると思う。

 

なぜ、そこの脂肪が気になりだしたのか?

 

それは、何年前かプロサッカー選手の長友選手のお尻はカチカチに硬いというのを心の片隅でずっと気になっていたからだ。

長友佑都体幹トレーニング20

長友佑都体幹トレーニング20

 

本当に尻はカチカチに硬くなるのか?この弛んだ尻がなるとは信じがたかった。

どうにか、このお尻の脂肪をなくしたい。

なにもしないでお尻の脂肪をなくせるはずがない。

 長友選手がしていることを真似てみれば、同じ体型に近づける。

有酸素運動(走る)

体幹トレーニング、筋肉トレーニング

ラソンに挑戦

お尻の脂肪を無くすことが目的で始めたとはいえ、体のバランスは大事だ。

太もも、ふくらはぎに脂肪を無くして、スラっとしたたくましい体がいい。

動物に例えると、鹿の足。

f:id:Matsu-namaste:20180906065448p:plain

この脂肪がなくて、引き締まった足。

跳躍力、走力が優れた鹿の足のようになりたい。

共感できるかな?

今までで共感してくれた人はいない。。。

鹿は毎日走ってるいるはずだ。

 それを真似て、走ることが近道だと思った。

ちょうど友達が一緒に運動をしようと話をしていた。

 

金はかけたくない。

だから、個人スポーツだな。

道具買いたくないし、コート借りるお金も避けたい。。。。

もう走るしかない!!!っていう流れで、2か月前に大阪城ナイトラン10㎞走に参加した。

 

ラソンを始めた時に一番驚いたことがある。

なんと、マラソン大会に参加費用は結構高い・・・

有名な東京フルマラソンは国内の人(日本人)は¥10800(税込)、海外の方¥12800(税込)

大阪マラソンも日本人は¥10800(税込み)とめちゃくちゃ高い。

ハーフマラソン(21.0975㎞)は半額の¥5000前後、10㎞は¥4000前後の大会が多い。

 

ラソンはただ走るのにすごく参加費用が高いのだ。

 

道具もいらず、場所費用もかからない、いつでもどこでもできる。

勉強に例えると、模試のようなものなのかなと思う。

模試は、紙切れ数枚に文字、数字を書くだけなのに数千円とお金がかかる。

そう考えるとそれくらい我慢しようかなと思う。 

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

自重筋トレ100の基本 (エイムック 2630)

 
筋肉トレーニング

 長友選手の体幹トレーニング本で有名である。

脂肪の無いカチカチなお尻には筋肉がいるはずだ。

始めはとにかく、お尻をしごいたら筋肉質になる!と思い、下の図のようなポーズを5秒×3回を左右でしてみた。

星の部位に負荷がかかる。

足の付け根から思いっきり後ろにはね上げるイメージ。

 

f:id:Matsu-namaste:20180905205153p:plain

図の大殿筋が上につきあげられる。

最初は姿勢が苦しくなって、頭を下げたくなったり、バランスを崩しそうになる。

頭はまっすぐより少し上を見る。

なにか棒や壁で姿勢を維持できるようにすると良い。

姿勢を崩すと強度が弱まったり、下を向くと首に負荷がかかり痛めることも起こる。

f:id:Matsu-namaste:20180904201801j:plain

 筋肉トレーニングで一番大事なことは継続することだ。

 自重トレーニングを継続させる

自重トレーニングとは自分の体重による負荷を筋肉にかけてトレーニングである。

道具がいらず、お金がかからない。

何を始めるにも最初お金かかるものは障壁となる。

僕は筋肉トレーニングは何度も挑戦したものの、毎度数日、1週間くらいで途絶えていた。

・始めた初日に鍛えすぎて、翌日に全身筋肉痛になり、2日目、3日目と筋トレを休む。

その後はやらなくなる。

 ・1,2週間毎日継続して、脂肪も減り、体も引き締まってくる。

ちょっと、休憩にと友達と飲みに行くと、毎日継続していたことが途絶えて、断続的に筋トレをするようになり、しなくなる。

・夏に海水浴に行くために備える。スポーツの試合を観戦して、刺激を受けて筋トレをする。夏はすぐに汗をかく。暖かいため、筋肉を動かしやすい。

秋、冬になると寒くなる。血流が悪くなり、筋肉トレーニングをしても、何か本調子にならないし、運動自体をやめたくなる。

筋肉は継続しないと、すぐに衰えてしまう。

何を言いたいかというと、継続できる自信がつくまでは筋肉トレーニングの道具を買わなくていいのではないか。

ジムへ行かなくても、自重トレーニングで引き締まった細マッチョ体型になれる。

そこから、好みの体型に向けて、流行りの筋トレグッズを買うなり、ジムに通うなりしたらいい。

忙しい人のための「自重筋トレ」 (光文社新書)

忙しい人のための「自重筋トレ」 (光文社新書)