Matsu 日記

料理、スポーツ、健康について

-Profile-

~いつか咲かす大輪の花 今は泥でも ひたすら胸に~

 

・なぜMatsu-namaste's diary

・この人、どんな人なの

・描く未来の自分

 

・なぜMatsu-namaste's diary

ー正直、あんまり意味がなく、、、インドに1回旅行に行ったことくらいのノリ、、、すみません。

 

皆さん、こんにちわ。あっ、間違えた、、、ナマステ!

 人気なのかな?たまに行ったことがあるという人と出会う国。

 

↓その時のにインドっぽい写真インドでの写真

 

奥の方が自分。インドと言ったら、カレー、ヒンドゥー教、ナターシャ(象の神様)、牛、、、違うかな?

・この人、どんな人なの

ーよく周りの人に言われるのが、”変わったヤツ”、”何を考えてるかわからない”などなどふしぎ君。

自分としては、特に意識して変わったことをしようとしているわけでもない。

ただおもしろそうなことを思いついたら、やってみた。

(対して変わったことでなかったらごめんなさい、、、)

 

例えば

・全国(北海道、沖縄除く)を自転車で旅行。(1度で回ってはいない)

・ノープランでインドに2週間旅行(往復の航空券のみ)

―――またの機会にその時の壮絶な旅行記をお伝えしたい。

・FXで2000万円分の取引実行中

・海外に行ったことがあるのは、中国、インド、マレーシア、フィリピン、、、マイナーな国だらけ

・描く未来の自分

 

堀江貴文氏「人生に目的なんて一切いらない」

「永遠の3歳児」として、今だけを全力で生きよ

堀江貴文氏の『多動力』が、発売から1カ月もたたずに12万部を突破した。本質をとらえた言葉に、多くの人が心を動かされているようだ。
一般的には、「将来の夢」や「目標」から逆算して今の行動を決めることは、計画的でよいことと考えられているだろう。しかし、堀江氏はそうした考え方に異を唱え、「小利口な人間がバカに勝つことはできない」と指摘する。

ーやりたいことをひたすら、取り組めば良い。

(今はプログラマーになりたい。海外にいったり、ゾクゾクするような刺激的な体験をしたい。)

 

この頃将来やりたいことはその時の自分が”わくわくする”、”おもしろそう”と思う直感に任せて動いたらいいと思い始めた。

もちろん、この考えの後押し、参考になったのはいうまでもなく、人気著作 堀江 貴文氏の「多動力」に他ならない。

f:id:Matsu-namaste:20180701143851p:plain

人のためにやりがいのあることをしたいなど、崇高な夢を思い描いたいた昔の自分とはサヨナラ。

人の役に立つために仕事をすることはとても立派だと思うし、不平をいうつもりはない。

ただ、”僕”はそれを原動力として生きていくには、適さなかった。ただそれだけだ。

常に、変動したっていいとも思う。でも、後悔の無いように。